陥没乳頭でも完母になれた!授乳のコツや治った体験談

母乳が出る、母乳が出ない。

私の悩みはそれ以前に、乳首が陥没していることでした・・。

妊娠が分かったとき、恥ずかしくて誰にも相談ができず、一人で頭を抱えていました。

妊娠関連の本を読んだり、「陥没乳頭 母乳育児」や「陥没乳頭 母乳あげ方」などとネットで調べても、私に合った解決法が見つからず、ついに出産の日を迎えてしまうことに。

この記事では、当事者である私が、実際に陥没乳頭でも完全母乳で育てる方法を、いくつか紹介していければと思います!

母乳育児が始まるが…飲ませる乳首がない

出産は予定帝王切開で、その日の夜から母乳育児が始まりました。

私がお世話になったのは、母乳育児を推奨している産院でした。

人と違う乳首を恥ずかしいと思い、陥没乳頭をひたすら隠し続けてきていましたが、もう隠し通せる事でもなく、思い切って、助産師さんに相談しました。

助産師さんは私の乳首の状態を見て、「産前に相談してもらえたら、産後までに良い状態にして、赤ちゃんに栄養を与えられる可能性があった」と言われました・・。

とにかく乳首を出すことに集中!!

まずは、乳首を引き出す事から始まります。

時間があれば、乳首を引き出すマッサージを助産師さんが徹底的にやってくれました。

中に入っているものを外へ引っ張り出す作業。

これが本当に激痛です・・・!

タオルを胸にあて、乳首を引っ張り出した後は、上下左右から、乳首を押して柔らかくしていきます。

自分でやると甘えが出てしまい、さぼってしまうので、助産師さんに従ったのが正解でした。

母乳をあげる時だけ、乳首が出るようになった

マッサージを続けてもらった結果、母乳をあげる時だけは乳首が出るようになりました。

乳腺がまだ開通していなかったようで、乳首が出ただけでは喜べませんでした。

乳腺が開通していないために母乳がつまり、胸全体が岩のように固くなったのです。

乳首だけでなく、胸全体が熱を持っている感じで、その痛みで寝ることができなくなりました><

乳腺を開通させるために、赤ちゃんに吸ってもらう

乳首を出すマッサージは、あぶら汗が出るくらいの激痛です。

マッサージの後に赤ちゃんに吸ってもらい、乳腺を開通する・・・

3日間この激痛に耐えたところ、授乳時に乳首が出しやすくなり、母乳も出るようになりました。

諦めなくてよかったです・・!

帝王切開の痛みと子宮収縮の痛みに加え、乳首の痛みがありますが、この痛みに耐えれば完全母乳という未来は開けます。

そして、母児同室で常に赤ちゃんが側にいる状況で、泣いたら母乳をあげることを徹底するのもポイントです。

母乳が出るようになったら、搾乳にチャレンジするのもおすすめです。

吸引器は効果なし

妊娠初期の頃に吸引器を購入しましたが、効果は全くなしでした・・・。(退院後は、試す必要はなくなってしまったので、産前のみの効果に対してのみです。)

手動の搾乳機は、退院後効果抜群!

手動の搾乳機も購入しました。

これは吸引力が強かったのか、密着度が良かったのか、乳首も吸いだしてくれる上に搾乳もでき、本当に助かりました。

手で地味に搾乳していたので、家宝として最後まで大切に使わせてもらいました^^

さいごに

陥没乳頭でも、完全母乳で育てられる可能性はあります!

恥ずかしい気持ちはよく分かります。

ですが、早い対応がカギ。赤ちゃんを授かった段階で、早めに助産師さんに相談しましょう。

乳首の状態を見てもらい、お腹が張らない程度に乳首のマッサージをしましょう。

乳首が授乳時に出るようにし、乳首を柔らかくほぐしてあげれば、あとは赤ちゃんの吸う力は偉大なので、いっぱい吸ってもらって、乳腺を開通することができますよ。

産院に入院している間に、これをマスターすると、退院してから本当に楽になります。

後で知ったことですが、陥没乳頭用のクリームとかもあるんですね〜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Purenas ピュアナスクリーム バストケア 陥没乳首 陥没乳頭
価格:11000円(税込、送料別) (2020/9/1時点)

楽天で購入

 

私は陥没乳頭でしたが、完全母乳で育てることができました。

少しでもみなさんの参考になりましたら幸いです^^

子育てがんばりましょうね!!

<a href=”https://t.felmat.net/fmcl?ak=Q429A.1.C16622B.U72041H” target=”_blank” rel=”nofollow noopener”><img src=”https://t.felmat.net/fmimg/Q429A.C16622B.U72041H” width=”320″ height=”100″ alt=”” border=”0″ /></a>

タイトルとURLをコピーしました