妊娠中の頭痛対策。妊娠初期で薬が飲めない時の対処法

妊娠中の頭痛は、つわりとともに悩んでいる妊婦さんが多い症状です。

妊娠中は、薬を飲むことも簡単にはできないので、つらい時間が長引くことが多く嫌になってしまうものです。

この記事では

  • 妊娠中にできる頭痛対策
  • 妊娠中に飲める頭痛薬があるって本当?
  • 妊娠初期で薬が飲めない時の薬以外の対処法

についてまとめています。

妊娠中の頭痛対策

こんにちは、ゆにっき!です。

妊娠中には様々な体調の変化が起こりますが、その中でも、頭痛は妊婦さんがかかりやすいといわれています。

普段はあまり頭痛がないのに、妊娠中は頭痛に苦しんでいたという方も非常に多く、薬が飲めない妊婦さんにとってはとてもつらいものです。

妊娠中の頭痛は、どのように対策をとればいいのでしょうか。

妊娠中でも飲める頭痛薬がある

妊娠中は一切薬はNGかと思いきや、実は週数によっては妊娠中でも飲める頭痛薬が存在します。

その代表的なものが

  • アセトアメノフェンが主成分の頭痛薬
  • イブプロフェンが主成分の頭痛薬

の2つです。

産婦人科で相談すると処方してくれることもありますし、市販薬としても売られています。

!ただし飲むときには自己判断では絶対に服用しないでください。

必ず医師の指示でOKが出てから飲むようにしましょう!

アセトアメノフェンが主成分の頭痛薬

アセトアメノフェンが主成分で使われている市販薬には

  • ノーシン
  • タイレノール

と言ったものがあります。

イブプロフェンが主成分の頭痛薬

もうひとつ、イブプロフェンが主成分で使われている市販薬には

  • イブ
  • バファリンルナ

と言ったものがあります。

ただし、このイブプロフェンが入った頭痛薬は妊娠32週以降は赤ちゃんに悪影響が出るため、絶対に服用してはいけない薬となっています。

妊娠中に飲める漢方薬も

妊娠中に服用可能な薬として漢方薬もあります。

その代表例が葛根湯(かっこんとう)で、頭痛、発熱、風邪などの症状に効果的と言われています。

漢方薬は他の薬に比べて、身体に優しく穏やかな効き目とされていますが、妊娠中に飲んではいけないものも存在します。

これらも自己判断では絶対に服用せず、医師の了承が出たときのみ服用するようにしましょう。

赤ちゃんの身体を守れるのは、他でもないあなただけなのですから。

妊娠中に頭痛があっても初期の薬の服用は厳禁

冒頭で妊娠中は頭痛が起こりやすいとお伝えしましたが、それには以下の理由があります。

  • ホルモンの変化
  • 筋肉の緊張
  • 血流が悪くなる
  • 貧血
  • 妊娠高血圧症候群

妊娠中はホルモンバランスが大きく変わるため、周りの環境に左右されやすくストレスを溜めやすい傾向にあります。

ただでさえ、妊娠中は貧血になりやすく、身体が重たく筋肉がこわばった状態が続くため、血流が悪くなり頭痛を引き起こしてしまうのです。

また、妊娠高血圧症候群にかかった時も頭痛の症状が現れることがあります。

【関連記事】

妊娠中は頭痛を引き起こしやすく、日によってはどうしても我慢できないという日があるかもしれません。

先ほど妊娠中に服用可能な頭痛薬をお伝えしましたが、妊娠初期の薬の服用は胎児に取り返しのつかない大きな影響を及ぼすことがあります

妊娠初期の薬の影響

妊娠初期に薬を飲んではいけないのは一体なぜなのか、理解されていますか?

妊娠初期と呼ばれる、妊娠4~15週(2~4ヶ月)頃は、赤ちゃんの脳や臓器が作られる非常に大切な時期です。

この時期に薬を服用すると、赤ちゃんの脳や臓器にダイレクトに薬の影響が及ぶ可能性があり、奇形や障がいのある赤ちゃんが生まれる可能性があります。

また、妊娠初期を過ぎても、薬の成分によっては赤ちゃんが新生児肺高血圧症にかかったり、発育不全、内臓機能の低下などの影響がある場合があります。

妊婦さんの身体にとっても、羊水の減少により流産や死産の影響が高まることもあります。

妊娠中の頭痛を薬以外で和らげる方法

頭痛は薬の服用以外でも和らぐことがあります。その対処法をお話します。

  • 水分を多めにとる

妊娠中は赤ちゃんに膀胱付近を押されることがあるため、頻尿になりやすくなります。

そのため、水分をいつもより多く取るようにしないと血液の流れが悪くなって頭痛を引き起こしてしまいます。

1日2リットルは必ず水分を摂取するようにしましょう。

 

  • 適量のカフェインを摂取する

基本的に妊娠中のカフェインは控えるに言われますが、1日コーヒー1杯程度のカフェインなら、摂取しても良いと言われています。

実際に私も妊娠中は頭痛がひどく、とくに朝が辛かったのですが、コーヒーを1杯飲んでから職場に行くと頭痛が幾分か良くなっていることが多かったです。

コーヒー以外にも、栄養ドリンクにカフェインが含まれている場合があります。それでも良いでしょう。
※栄養ドリンクを飲むときも自己判断では飲まずに医師に相談しましょう。

 

  • マッサージ

妊娠中の頭痛は、肩や首のコリから来ていることも多くあります。

こっている部分を中心にもみほぐしたり、頭全体をもみながらマッサージすることによって血流がよくなり、頭痛が改善されることがあります。

 

  • ツボ押し

首と頭の、付け根あたりのへこんでいる部分から首筋、肩にかけては頭痛に効くとされているツボがたくさんあります。

イタ気持ちいい程度に、ぐーっと押していくことで頭痛改善の効果が期待できます。

最後に

妊娠中は、頭痛が頻繁に起きるのに対し、薬の影響が心配で手軽に飲めないのでとても辛いですよね。

なるべく普段から首や肩を動かして血流を良くしたり、リラックスして過ごすことが、頭痛予防にもなります。

ぜひ意識して実践してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました