赤ちゃんの免疫 6ヶ月まではお母さんとの外出は控える?

赤ちゃんは6ヶ月ごろまではお母さんの免疫によって守られていて病気にかかりにくいと言います。

でも6ヶ月過ぎたらやはり外出は控えるべきなのでしょうか?

今回の記事では

  • 赤ちゃんの免疫は6ヶ月くらいまでと言われるワケ
  • 6ヶ月未満でも病気になってしまう理由
  • 6ヶ月を過ぎたら外出は控えるべきなのか?

についてまとめています。

赤ちゃんの免疫は6ヶ月までって本当?

246400こんにちは、ゆにっき!です。

一般的に赤ちゃんの免疫は、生後6ヶ月ほどまで続くと言われ、それまでは風邪を引いたり具合が悪くなることはほとんど無いと言われています。

お母さんの母乳から免疫をもらっているのです。

一方で、6ヶ月未満の赤ちゃんも、まれに病気にかかってしまう場合があります。

これはなぜなのでしょうか?

赤ちゃんはお母さんの免疫しかもらえない

赤ちゃんはお母さんが持っている免疫のみを受け継ぎますので、お母さんがかかったことのない病気には赤ちゃんも免疫がありません。

たとえば風邪のウイルスは何百種類とありますが、それにすべてかかったことのあるお母さんはいません。

そのため、6か月未満の赤ちゃんでも病気になってしまうことがあります。

赤ちゃんは風邪への抵抗力や自己治癒力が未熟なので、大人にしたら軽い風邪でも重症化してしまう可能性があります。

そのため、しっかりと赤ちゃんの体調管理には気を付けていきましょう。

赤ちゃんに免疫がなくなったら外出はダメ?

6ヶ月未満の赤ちゃんでも風邪を引いてしまうことがあるなら、やはり6ヶ月を過ぎたらなおさら外出は控えないといけないのでしょうか?

気分転換に外出しよう!

あまり神経質に家に閉じこもるのもよくありませんので、気分転換に外出するのもいいのではないでしょうか。

たまには外に出て気分転換するのはとても大事なことです。

さらに、赤ちゃんにとって外の世界は刺激的なものです。これは赤ちゃんの五感を刺激し、外の世界に慣れていくことにもつながります。

ただ、真冬の寒い時間や真夏の熱い時間に赤ちゃんと外出するのは避けましょう。

熱中症や感染症、インフルエンザなどの危険があります。

そのため、真冬なら昼間、真夏なら夕方など、気温の差が激しくない時間帯に外出すると良いでしょう。

また、人ごみは避けたほうが無難です。

赤ちゃんが風邪のウイルスをもらってきてしまうかもしれませんので、人の少ない静かな公園やご近所の散歩などがおすすめです。

たまにはお母さんの気分を変えるためにも赤ちゃんと外出してみてくださいね。

最後に

赤ちゃんはお母さんの免疫を受け継ぐなんて何とも神秘的ですね。

あまり神経質に家に閉じこもるのもよくありませんので、気分転換に外出するのもいいでしょう。

外出することはお母さんのストレス軽減にもなります。

もちろん、お父さんも一緒にお出かけしてくださいね(*´ω`*)

タイトルとURLをコピーしました