逆子の治し方!マッサージやツボなど。体操しないで治す方法7選

病院で逆子と言われちゃった・・・ショック!

でも出産までには何とか治したい!

でもどんなことをしたらいいんだろう。

逆子体操ってよく聞くけどそれ以外にもないかな?

そんなあなたのために今回の記事では

  • 逆子体操をしない逆子の治し方7選
  • 逆子を治すマッサージやツボ押しの方法

をまとめました。

逆子の治し方 マッサージ編

055736こんにちは、ゆにっき!です。

臨月に入って、赤ちゃんが逆子だと帝王切開をする可能性が出てきます。

そのため「何とか早めに治したい!」と思っているお母さんは多いのではないでしょうか。

私もまさにそう思っているうちの一人でした。
まずは自宅でできる逆子の治し方、簡単マッサージの方法をご紹介します。

逆子の治し方7選

1、マッサージ

この方法は、マッサージそのものよりも、お母さんが赤ちゃんに優しく声掛けをして行うことの方が大切です。

リラックスした気持ちで安らかに行ってみてくださいね♪

手順

  1. まず、おなか全体をやさしく温めるように10回ほどなでます。
  2. 次にお腹の下の方をなでながら「こっちの方が頭だよー」「いい子にくるっと回ってねー」「●●ちゃん大好きだよー」「こっちを頭にしてくれたらお母さんとっても嬉しいなー」というように声をかけます。
  3. おなかがポカポカしてくるまで10分ほど続けます。

私は妊娠28週目に逆子と診断されましたが、お風呂上りにこの方法を毎日続けました。

30週の検診には逆子が治っていました

逆子が治ってからも、毎日声掛けとマッサージを欠かさずしていたら、そのあとも逆子にならずに出産を迎えることが出来ました^^

肩コリがある人も、逆子になりやすいと言われています。

お父さんに肩をマッサージしてもらうと、よりリラックスができて効果があるかもしれませんね♪

ついで?に妊娠線クリームを塗りながら行うと一石二鳥ですよ^^

ご参考まで↓

妊娠線クリームは効かないなんてウソ!?いつから始めていつ塗ると効果的?体験談あり

逆子の治し方 ツボ押し編

2、ツボ押し

また、逆子治しにはツボ押しも良いと言われています。自分で行う方法と病院や鍼灸院で行う方法があります。

どこのツボが効くの?

逆子に効くつぼは「三陰交(さんいんこう)」と「至陰(しいん)」の2か所です。「三陰交」は、足の内側のくるぶしから指4本上のところ、「至陰」は足の小指の爪の付け根あたりです。

この2つのツボは子宮口を開くときの方法としても効果があるとされています。

参考:出産の時しっかり子宮口を開くには?妊娠中に開く感覚や痛みはある?私はこれで開いた!10選

onepoint

ツボ押しは、陣痛を促進してしまう可能性があると言われています。

自己判断では決して行わず、行う前には必ず医師に相談しましょう。

また、ツボの位置は、あなたの体つきによって微妙に位置が違っていたり、押してはいけないつぼもあります。

最初は、病院や鍼灸院などで見てもらいながら行うことをおすすめします。

逆子は体操しないで治そう!逆子の治し方まとめ

逆子を治す方法はまだまだあります。逆子体操以外の方法をまとめました^^

3、ツボにドライヤーを当てる

先ほどご紹介したツボに、ドライヤーの熱風を当てます。

鍼と同じような効果があるとまで言われており、またドライヤーはある程度広範囲に当てることが出来るので、下半身も温まりやすくなります。

4、寝方を変える

赤ちゃんが回りやすいように、赤ちゃんの背中が上になるように横向きに寝ます。

赤ちゃんの向きは妊婦さんごとに異なりますので、必ず医師の判断の元で行いましょう。

間違えると赤ちゃんにへその緒が絡まったりして危険なことがあります。

急激な効果はありませんが、ゆるやかに効果が出てくると言われています。

5、運動する

歩いたり階段の上り下りをしたり、雑巾がけ、スクワットなど。

無理のない範囲で、適度な運動をすることによって、赤ちゃんの重たい頭が下を向きやすくなると言われています。

さらに安産につながるとも♪

ただし、人によっては早産につながってしまうこともあります。

こちらも医師の判断のもとに行いましょう。

6、下半身を温める

赤ちゃんは冷えを嫌いますので、下半身が冷えていると暖かい上の方を向きたくなると言われています。

お腹の下の方に、カイロを貼ったり、湯たんぽを使って足元を温めるなどしてみてください。

あったかくて、心地いい下の方に興味をもってそちらを向いてくれるかもしれません^^

7、病院で外回転術を受ける

最後の手段?として、医師や助産師さんによる「外回転術」という方法があります。

超音波などで、赤ちゃんの向きや状態を確認しながら、外から圧力をかけて手で回転させます。

施術を行う時期は、あまり早すぎるとまた逆子に戻ってしまう可能性がありますし、遅すぎても赤ちゃんが回るスペースがなく効果が出にくくなってしまいます。

赤ちゃんの様子を見ながら、臨月前後の35~37週頃に行うことが多いです。

この外回転術は実績のある慣れた医師などが行うと、比較的効果があると言われています。

別途施術料金が6,000円~数万円ほどかかりますが、外回転術は保険適応になります。

最後に

今回は逆子の治し方を簡単なものから医師の手が必要なものまで7つご紹介しました。

時期やあなたの状態によって行わない方が良いものもあります。

必ず医師の判断のもと行うようにしてくださいね。

意外に「何もしてなくても治った」という声もたくさんありますので、あまり気負わずリラックスするのがいいかもしれませんね^^

タイトルとURLをコピーしました